ローンを組む時に注意すること

ローンを組む時に注意すること

ローンを組むときに注意することは

★ 38歳 : 女性の話
ローンを組むときに注意することは、家計に占めるローンの支払いの割合です。
一般的に年収400万以上の人の場合には収入の35%までは安全だといわれていますが、暮らし方やお金のかけ方は人それぞれなので、あくまでも目安に過ぎません。
私も住宅ローンを組むときには、一ヶ月に今どれだけ生活費や固定費がかかっているか、子供たちの成長に伴い、教育費がどれだけプラスされるかを色々シミュレーションして、可能な支払額を計算した上で住宅ローンで借りる金額を決めました。
そして、その予算内に収まる家を設計士に依頼するなど「逆算」でローンを組みました。

知り合いは、マイホームにものすごくお金をかけて、年収を考えずに豪邸を建てたのだけれど、不況のあおりを受けて失職、せっかく建てたマイホームの住宅ローンが支払えなくなり、手放さざるをえなくなりました。

そういった悲しいことがないように、ローンを組むときには、計画的に将来を見据えてプランを立てることがとても大事だと思います。

Copyright (C)2017ローンを組む時に注意すること.All rights reserved.