ローンを組む時に注意すること

ローンを組む時に注意すること

すぐにお金が用意できないときに

★ 31歳 : 女性の話
すぐにお金が用意できないときに、ローンで購入できるのは大変助かります。
ローンと言ってすぐに思い浮かんだのは、住宅ローンです。
頭均をいくら用意できるか、ボーナス払いを入れるのかでも変わってくると思いますが、注意しなければならないことは「月々の支払額」だと思います。
住宅は高い買い物で、拘って建築する方もいるでしょう。建物が理想的になると内装や家具も気になってくるものです。
拘っているうちに借入額がどんどんと上がり、月々の支払い額がとんでもないことになってしまっているという話を聞きます。
また新築の建売やマンションを見に行くと、営業の方に年収を聞かれ「みなさん、その収入でローンを組んでおられます」などと言われ、実際にローンを組んで購入してみたら、手取り額ではなく総支給額での計算で、支払いがとても大変だという話も聞きました。

ローンに追われて、生活を切りつめたりレジャーを楽しめなかったりするのは寂しい気がしますが、ご家族が納得されているのなら良いのかもしれません。ただ生活に見合った、少々余裕のある支払額を設定できると良いと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ローンを組む時に注意すること.All rights reserved.