ローンを組む時に注意すること

ローンを組む時に注意すること

車や住宅といった金額が大きな買い物をするときに

★ 28歳 : 女性の話
車や住宅といった金額が大きな買い物をするときに、手元の資金が足りない場合はローンを組もうと考えるものです。

しかし、他にも分割払いで購入しているために、まれにローンが組めないことがあります。
それは、携帯電話やスマートフォン、タブレットといった私たちの生活に欠かせなくなった電子機器です。
携帯電話のショップでは「本体価格実質0円」いうキャンペーンをたびたび開催しています。これは、端末代金を24回の分割払い購入をすることで、端末ごとに設定された24回引かれていく月々サポートで支払う金額を相殺していく仕組みです。
これにより、端末代金は0円になったように見えるのですが、実際は24回払いの分割ローンを組んだことになっています。
携帯電話を購入する際、お店の店員さんは分割審査に通るかどうか、免許証を見てしっかりと確認しています。このような1台あたりの金額が低い買い物でも支払いが滞ったり、たくさん買ってしまって支払い代金が残ったりするとローンを組めなくなってしまいます。
大きな買い物をするときにローンを組めるように、日頃から小さい買い物でもローンは組まないことが懸命です。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ローンを組む時に注意すること.All rights reserved.