ローンを組む時に注意すること

ローンを組む時に注意すること

一般の人がローンを組む場合で

★ 45歳 : 女性の話
一般の人がローンを組む場合で、最も金額の大きいものが住宅ローンではないかと思います。住宅ローンを組む時に特に注意することといえば、返済できる金額しか借りないということでしょう。
では、返済できる金額とはどうやって決めればよいのでしょうか。それは、毎月の収入から生活費等、必要な金額をすべて差し引いて、残った金額の範囲内をローンに充てるということです。

一般に、住宅ローンは年間収入の25%以内にするとよいと言われていますが、それも収入合計額によって違います。つまり、収入の多い人であれば、年間収入の25%をローンに充てても、残りは結構あるということになりますから、なんとか遣り繰りできるでしょう。
しかし、収入の少ない人が収入の25%もローンにしてしまうと、残りで遣り繰りすることは非常に難しいのです。

ですから、借りる金額をどうやって決めるかというのは非常に重要です。
とにかく、余裕を持って返済できる金額に留めておくということでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ローンを組む時に注意すること.All rights reserved.