ローンを組む時に注意すること

ローンを組む時に注意すること

住宅を購入する場合

★ 29歳 : 女性の話
住宅を購入する場合、多くの人がローンを組むことになるのではないでしょうか。住宅ローンを組む場合には、どんなことに注意したらいいでしょうか。
まずは、ローンを組めるのと、返済できる金額というのは異なるということです。
ローンでの貸し付けられる金額というのは、その人の年収や職業、借金の額などから、金融機関が審査して判断します。その金額は、金融機関によって多少の違いがありますが、おおよそ年収の6倍程度といわれています。
もっとも、この金額は金融機関が判断した金額。実際の生活で返済できるかどうかということは、個人の生活の状況によって変わります。収入と支出のバランスから、家計の負担にならない、無理のない返済計画をたてましょう。
参考になるのは、現在賃貸住宅に住んでいる人にとっては現在の家賃です。
今の家賃が家計の負担になっていないかという観点から返済額を検討するとよいでしょう。また、頭金は多いほど返済の負担は減りますので、できれば購入金額の1割は用意しましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ローンを組む時に注意すること.All rights reserved.